雨の日だけの体の倦怠感が改善できる?漢方薬(五苓散料)とは? 女性 36歳 K.M.さん

雨の日だけに襲う、体の倦怠感と頭痛に長年悩まされていました。雨の日だけの症状ですし、この日だけ雨の日だけ耐えればいいと我慢していました。

この症状が漢方薬で改善できるとは、全く思ってもみませんでした。

雨の日の具体的な症状は?

晴れや曇りの日には、起こらない体の全体的なだるさ、そして頭痛がありました。頭痛がひどい時は、起き上がることも出来ず、横になったまま1日過ごすということもありました。

これは、長年原因が分からず、また改善することもできないと思っていました。

漢方薬を使用することになったきっかけは?

さすがに頭痛で起き上がることができなくなった時に、初めて治療はできないだろうかと病院を受診しました。

水分を潤滑することで改善できるとして、医師から処方してもらうことになりました。初めは、半信半疑でした。あの雨の日に起こる頭痛が漢方薬で改善できるなんて。だって、通常の日には、何も問題ないのですから。

薬を飲み続けることに抵抗はなかったのか?

この薬を飲むようになってから、雨の日の頭痛などは落ち着くを取り戻してきました。自分のイメージとして西洋薬より、漢方薬の方が体に負担がないと思います。

また、症状もすぐに改善するということはなく気が付いたらお手洗いに行く回数が増えて、足がむくみにくくなっていて、雨の日の症状が軽くなっていました。因みに粉薬が苦手なので、そのことを処方医に相談すると錠剤があることを調べてくれました。ですので、漢方薬ですが錠剤を服用しています。

飲み忘れに注意!

症状が改善していくにつれて飲み忘れが出てくるようになっていました。漢方薬は、食前に服用しないと効果が出にくい薬です。

やはり空腹が先だっている時など、薬の飲み忘れが多いです。けど、症状も改善していたので飲み忘れていても大丈夫なのではないか?と勘違いしていました。つまりは、完治したと思っていました。

しかし、これは大きな間違いでした。ある雨の日に、大きな頭痛がやってきたのです。この久しぶりの感触に、薬の飲み忘れを悔やみました。

また、この薬により大分助けられていたのだと再認識できました。それからは、飲み忘れることなく薬とうまく付き合っていっています。そして、雨の日も快適に過ごせるようになっています。

自分のために漢方薬と上手に付き合っていくということを学びました。これからもこの漢方薬を飲み続けることになるでしょう。

漢方薬の力で体を健康にしたいあなたへ

肥満は万病の基!生漢煎防風通聖散で本気のダイエット

痩せたいのに痩せられない人に朗報! 肥満は体に様々な悪い影響を及ぼします。飲んで効く漢方医薬品で肥満症を解消して体を健康にしましょう。肥満症になると消費できなかったエネルギーが脂肪となる立派な病気です。心筋梗塞や糖尿病、高血圧など死に直結する病気になる前に肥満を解消しましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ