ニキビ治療で十味敗毒湯を服用!気になる漢方薬の効果や味は? 女性 29歳 C.I.さん

繰り返す大人のニキビに悩まされており、食べ物に気を遣使ってもニキビができてしまうので、この際専門家に相談をしてみようと思って皮膚科に行ったところ、十味敗毒湯という漢方薬が処方されました。

ニキビで漢方薬が処方されて経緯や使用してみた結果をご紹介したいと思います。


十味敗毒湯を使おうと思った理由と経緯

ニキビで皮膚科に行くと、「大人のニキビは治りにくく、体質の影響も強い」との説明があり、医師は色々な種類の薬の説明をしてくれました。

その中に十味敗毒湯という薬があり、漢方薬なので少し飲みにくいかもしれないが、「ニキビができやすい体質を改善する効果がある」と説明され、根本的なニキビ治療になると思い、十味敗毒湯を使う事にしました。

十味敗毒湯の効果・気になる薬の味や飲み方

医師の説明によると、十味敗毒湯を処方する目的は「ニキビができやすい体質を改善する事」で具体的な効果は「ニキビが膿を持ったり炎症を起こしたりする事」を防ぐ事でした。

漢方薬なので「少しクセがあって飲みにくいかもしれない」と言われていて、確かに少しクセのある味ですが、極端に苦かったり不自然な甘味が付いている訳では無く、1日に3回服用する事になっていましたが、でそれほど苦痛にはなりませんでした。

ちょっと苦いので気になる方はオブラートで包んで飲むと飲みやすいと思います。

西洋薬とくらべてどうだったか?効果はが出るまでの期間は?

ニキビは治りにくいと言われているので、効果が出るまでは3週間位かかりました。他にもビタミン剤・塗り薬等を処方してもらっていて治療費が負担に感じていたので途中で通院を止めてしまいましたが、漢方薬を飲んでいた効果は飲むのを止めてからもしばらく続いていたようで、止めた後1か月程度はニキビはあまりできていませんでした。

きっちりと続けていたら体質改善もできていたと思います。十味敗毒湯は病院で処方される薬で、健康保険の適応にもなる薬なので効果はあると思いますが、西洋薬のように即効性は無く効果を感じるのには時間がかかるかもしれません。

飲んでいて、西洋薬と比べるとソフトな効き目で、漢方薬は徐々に効果を発揮して長続きさせるタイプなように感じました。まとめ漢方薬は徐々に効果が出てきて体質改善に役立つ物が多いので、お悩みの症状があれば医師に相談し漢方薬の事も相談してみるのも良いでしょう。

物によっては値段が張りますが保険適用の場合安価に漢方薬を入手できるので医師に処方してもらいましょう。

漢方薬の力で体を健康にしたいあなたへ

肥満は万病の基!生漢煎防風通聖散で本気のダイエット

痩せたいのに痩せられない人に朗報! 肥満は体に様々な悪い影響を及ぼします。飲んで効く漢方医薬品で肥満症を解消して体を健康にしましょう。肥満症になると消費できなかったエネルギーが脂肪となる立派な病気です。心筋梗塞や糖尿病、高血圧など死に直結する病気になる前に肥満を解消しましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ