ずっと続く慢性的な腹痛を真武湯で改善しました 女性 49歳 I.O.さん

慢性的な胃の痛み、消化不良、下痢などでお悩みの方はいらっしゃいませんか。

病院の薬を飲んでもこういった慢性的な症状が治らない場合は、体の機能を根本的に見直すためにも漢方薬をお試しになられてはいかがでしょうか。

漢方薬でしたら体の冷えや血の巡りを良くしてくれますので、体質を改善しながら辛い症状を和らげてくれるのです。


なかなか治らない腹痛に悩んでおりました

慢性的な腹痛や下痢が続き、病院で診てもらうと腸炎ではないかと診断され、ビフィズス菌を配合したお薬を処方されました。そのお薬を飲み続けながら食事にも気を付けてみたのですが、下痢は治まってきたもののお腹のハリや痛みがずっと続いておりました。

病院でもらった痛み止めを飲むと少しは痛みが楽になるのですが、薬の効果は数時間しかもちませんでした。夕食を食べるとお腹にガスがたまってしまい、痛みや不快感のせいで夜中に何度も目が覚めることもありました。

薬を真武湯に変えることで腹痛が楽になりました

ネットで色々と情報を探しているうちに、こういった慢性的な症状には漢方薬を試してみた方がいいのではないかと思うようになり、医者を変えて漢方医に診てもらうことにしました。

自分の場合は、どうやら自律神経のバランスや血の巡りが悪くなっており、そのために内臓に負担がかかりやすくなって腸が弱っていると言われました。

まずは体を温めながら、真武湯を飲みはじめてみたところ、2週間ほどで少しずつお腹のハリや不快感が取れてきて、あんなに辛かったお腹の痛みが少しずつ楽になってきたのです。

真武湯を飲んで感じた効果について

1ケ月ほどでお腹の痛みがとれてきたのと同時に、長年の悩みだった手足の冷えもだんだんと和らいでいくのが不思議でした。以前はほとんど汗をかかない体質でしたが、新陳代謝がアップしたおかげか皮膚からきちんと汗が出るようになったのです。

さらに飲み物を温かいものに制限していくと、腸の働きが少しずつ戻ってきて不快感も減っていきました。真武湯の効果がきちんと実感できるまでは2ケ月くらいかかりましたが、漢方薬は痛みを治療していくだけではなくて、体の根本から体質を改善していく効果があるのだと感じました。

漢方薬の力で体を健康にしたいあなたへ

肥満は万病の基!生漢煎防風通聖散で本気のダイエット

痩せたいのに痩せられない人に朗報! 肥満は体に様々な悪い影響を及ぼします。飲んで効く漢方医薬品で肥満症を解消して体を健康にしましょう。肥満症になると消費できなかったエネルギーが脂肪となる立派な病気です。心筋梗塞や糖尿病、高血圧など死に直結する病気になる前に肥満を解消しましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ