漢方薬って何で食前服用なの?効果を最大限に引き出す漢方薬の飲み方を解説!

漢方薬は普通の薬と違う様々な特徴がありますが、飲み方にも独自の特徴があります。ここでは漢方薬の飲み方についての疑問から、その特徴を解説していきます。

漢方薬の正しい飲み方を知って、漢方薬が持っている効果を最大限に引き出しましょう。


漢方薬を食前または食感に服用するワケは?

漢方薬の添付文書を見ると、用法・用量の項目には食前または食感に服用するように記載されています。普通の薬と違って食後の服用でないのはなぜでしょうか?

漢方薬の成分の中には、糖が結合した配糖体と呼ばれる形のものがあります。配糖体は水溶性が高く、そのままでは腸から吸収されません。腸から吸収される形になるためには、配糖体を分解して糖をはずす必要があります。この役割をしてくれるのが腸内細菌です。

食前30分や食間(食事と食事の間、食後2時間くらい)といった空腹時に漢方薬を服用すると、漢方薬は速やかに腸に届けられ、食物の影響を受けずに腸内細菌の力で配糖体が分解され、吸収されやすい形となるのです。

漢方薬は絶対食後に服用してはダメなの?

確かに漢方薬では食前または食間の服用の方が吸収がよくなり、効き目もよくなることが知られています。ところが食前服用でも食間服用でも問題となるのが、薬の飲み忘れです。

薬の飲み忘れを防ぐために、わざわざ服用忘れが少ない食後に漢方薬を服用するように指示する医師もいます。食後服用では若干吸収が落ちるという側面がありますが、飲み忘れるよりマシという考え方のようです。

また八味地黄丸などでは、胃への負担をへらすためにわざと食後の服用にする場合があります。

添付文書からは分からない効果的な飲み方とは?

もともと漢方薬と言えば生薬の混合物であり、それを煎じて飲んでいたものでした。近頃の漢方薬は、煎じる手間の軽減や取扱いのしやすさのを重視して、煎じ薬のエキスを顆粒にしたエキス顆粒が主流となっています。

エキス顆粒の添付文書には、水または白湯で服用することと書かれていますが、もっと効果的な飲み方があるのです。それは白湯100ml程度にエキス顆粒を溶かしてから飲むと言うもの。

漢方医でも漢方薬局でも、この飲み方を勧められます。漢方薬がもともと煎じ薬だったせいでもありますが、エキス顆粒をそのまま飲むのに比べて、胃で顆粒が溶けるステップがなくなる分だけ吸収がよくなると考えられます。

漢方薬の味がイヤ!飲みやすくする方法とは?

漢方薬の独特な味やにおいが苦手という人も多いようです。上では白湯に溶かして飲むのが漢方薬の効果的な飲み方というお話をしましたが、漢方薬の味が苦手な人にはお勧めできません。

エキス顆粒をそのまま水で飲んでも、吐いてしまって飲めなかったと言う人がいるくらいです。お腹の中に入らないことには、せっかくの漢方薬も意味がありません。

漢方薬の味をごまかしながら飲むには、味の強い飲み物の力を借りることです。例えば、ココアや、変わったところでアサイードリンクで飲むことで、子どもでも漢方薬が飲めたという話もあります。また、漢方薬専用の服薬ゼリーが市販されているので、利用してみるのもいいかもしれません。

漢方薬の力で体を健康にしたいあなたへ

肥満は万病の基!生漢煎防風通聖散で本気のダイエット

痩せたいのに痩せられない人に朗報! 肥満は体に様々な悪い影響を及ぼします。飲んで効く漢方医薬品で肥満症を解消して体を健康にしましょう。肥満症になると消費できなかったエネルギーが脂肪となる立派な病気です。心筋梗塞や糖尿病、高血圧など死に直結する病気になる前に肥満を解消しましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ